タオルは煮て洗う

「煮洗い」は、ガンコな汚れや嫌なにおいが取れないときにお勧めです。いつの間にか真っ白だったタオルがピンクがかっていることってありますよね?
それは空気中の酵母がついて繁殖してしまうからなのだそうです!
そこで取って置きの方法が煮洗いというものです。基本的な方法や注意することなどについて見ていきましょう。

【用意するもの】
・粉石けん(水6リットルに対して)大さじ1
・酸素系漂白剤大さじ1~
・ステンレス鍋orホーロー鍋
・トング

※もし無添加の粉石けんしかない場合は、アルカリ剤が含まれていないため洗浄力を保てないので、煮るときに炭酸ソーダを加えましょう。
石鹸か無添加ではない粉石けんをご使用の方は問題ありません。

【手順】
①大きめのステンレス製orホーロー鍋にたっぷりのお湯を沸かしてから、粉石けんを溶かします。
粉石けんは、水に溶けにくいので溶かしてから、洗濯物を加えます。弱火で15~20分程度煮ます。

※沸騰しているところに粉石けんを加えると一気に泡が立って吹きこぼれるので、一旦いったん火を弱めてから粉石けんを加えて下さい。
※白いものと色柄ものは混ぜないで下さい。色移りの原因となります。
※アルミ製の鍋は使わないでください。アルカリ性分でアルミが黒く変色したり、腐食して穴が開いてしまう可能性があります。
※煮過ぎないように注意が必要です。

②煮たあとは、お湯が冷めるまど少し置いておき、トングで取り出したら軽く水洗いをし、洗濯機ですすいで脱水までします。
※水を吸ったタオルはかなり重いのでご注意を。

③脱水が終わったら、しっかり天日干ししましょう。太陽の下で干したものは気分も爽快。真っ白で気持ちがいいですよ~。