ラクな収納方法 

洗濯物をたたむという行為を苦に思う人とそうでない人が世の中にはいます。どちらが良いという意味ではありません。
たたむことが苦痛な人は、吊るすスペースを確保するだけで着たい服がすぐに選べるようになります。
下着と靴下以外はなるべく掛けるようにすると出し入れもラクでシワになりづらいです。ニットは袖を肩に乗せておけば、心配な型崩れも防止になります。
ただし収納できる場所は限られているので、収納場所の広さなどで調整してみましょう。メインの服は必ず出しやすい場所というのは収納の広さ関係なく重要視するポイントです。

ストールは、ハンガーに掛けるのもお勧めですが、オーガーナイザーで丸めてポンとしまうだけのラクチンなスタイルもあります。ズボラさんはズボラさんのやり方で。
きっちりさんはきっちりさんのやり方で。自分にぴったりのやり方を探してみましょう。
暮らしの快適さとおしゃれの楽しさは直結していますので、普段使いはオープンな収納も楽しみましょう。
お気に入りで頻繁に着るものや小物はしまわずにうつらやボックスに入れるなどして、目に入る場所へ飾っておいてもいいと思います。
好きなものこそ、目に入る場所にあるだけでテンションはあがりますよね。

次に探し物をする時間を短縮することで、かなりのストレス減になります。「誰のもの」「何が」をラベリングしておけば、
お子さんがいる家庭でも片付けの仕方を教える教育にもなります。洋服や小物だけでなく、モノの定位置さえ決めておけば、それが家族にも定着していきます。
どこに何があるかわからないのは無いのと同じです。せっかくお金をだして購入したものですから、しっかり場所を決めてあげましょう。