使いやすいキッチン

キッチンでは出し入れが毎日されています。だからこそ、何でもラクに取り出せることが特に重要な場所です。
キッチンに収納場所が少ない場合は、よく使うものは吊るしてしまいましょう。例えば、フライパンはコンロのそばに。
ざるは、シンクのそばに。一週間に一度の頻度で使っているものであれば、
つるしておいても汚れがたまる心配はありません。

スパイスやお茶が使い切る前に賞味期限がきれてしまったことはありませんか?その原因の一つに「使いやすい場所になかった」ことが考えられます。
たまにしか使わないとその存在を忘れてしまい、まだあるのに新しいものを買ってしまったりなどなど。
それをなくすためには、使う頻度が増えるように収納しておけば良いのです。それは中の見えるビンへ入れ替えて並べる。
そうすることで存在感がアップします。
使いやすく、使いたくなる保存方法を試してみましょう。

汚れが溜まりやすいキッチンは、最小限で綺麗をキープしたいところ。水周りが綺麗だと気持ちもあがりますよね。
コンロは、調理台を拭く流れで台布巾でさっと拭きましょう。
排水口は汚れやすいので、台所用の漂白剤で一週間に一度のペースですっきりさせましょう。パーツをシンクにならべ、
台所用の漂白剤を吹きかけ5分ほど置いて、流水で洗い流すだけ。これで頑固な汚れはつかずに済みます。

日々使う頻度が高い食器は、お気に入りで揃えましょう。
気に入った食器であれば、料理をのせるものワクワク、面倒な食器洗いも苦にならなくなります。
そんな何気ないものに気をかけるだけで、毎日が変化していきますよ。目に入ると自分が嬉しくなるもの、お気に入りのものを置くことは片付けを楽しくします。