便利な管理場所

生活のルーティーンによって、これがここにあるといい!というモノの置き場所は人それぞれ異なりますが、便利な方法をここでいくつかご紹介します。

玄関は出かけるときに必ず通る場所。そこにはやはり車や家の鍵、靴べら、掃除用のほうきもマグネットタイプのフックなどを利用し吊るして管理すると取り外しもラクになります。
忘れがちなものほど必ず通る場所、目に入る場所に置くことがベターです。コートや羽織ものはリビングやクローゼットまで持っていかなくても玄関の空間を使って、
ツッパリ棒を活用し吊るすやコートハンガーを置くのもよいでしょう。

一番置き場に困りやすいモノは、手紙や写真の保管方法です。
手紙や写真はなるべく取っておきたいものですよね。
ただまとめておいていても増える一方です。積み重なって埋もれてしまうのもなかなか見直せないですよね。そこでお勧めしたいのがノートで作るメモリアルブックです。
ノートなのでパンパンにはなりますが、ジャンル問わず貼っていくことでそのときの様子が一目で分かるようになります。見返すこともラクチンです。
アルバムを購入するのも良いですが、ノートの方が断然安くジャンル問わず貼り付けることができます。そのノートはリビングやトイレにあってもいいでしょう。
ふとしたときに見返せば、思い出がよみがえりまよね。

そして処分するか迷うのが取り扱い説明書です。
普段なくてもいいけど、いざというときにどこへ置いた?となると探すのに時間がかかります。これはクリアファイルにまとめて管理しましょう。
そうすることで新しいものを購入したときにも入れ替えがスムーズになります。
置き場所やしまい方のシンプル化は工夫次第です。